スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひとり様が50歳で仕事を辞めたい理由

2013年に同じタイトルで記事を書きました。

追記事項が出たので、2015年改訂版。
新しく追加した項目は赤字にしています。 

~おひとり様が50歳で仕事を辞めたい理由~


①仕事のストレスがハンパなく、寿命を縮めている。

  早急に手を打ちたいが、先立つモノがないと更に
  寿命が短くなるので妥協案が50歳。

②仕事と介護の両立をするつもりはない。

  娘50歳の時、母80歳。
  親孝行もしておきたい。

③退職金という制度がある内に貰える物は貰っておきたい。

  10年後は大丈夫と思うが、20年後は分からない。

④そろそろ違う人生も歩んでみたい。

  中学1年の時に決めてから、ずっと今の仕事と二人三脚なので、
  違う生き方もしたい。
  「定年後にしたらいいじゃない」とよく言われるが、
  その年齢でガラッと生活を変えるのは、たとえそれが無職でも
  心と体が適応できない自信がある。

⑤国が定年を60歳→65歳に延長した。

  尚更、自分は早いトコ(50歳)で退職せねば!
  国の言いなりになって良い事など何もないのは、歴史からも明白。

⑥働いたら働いただけ、税金で持って行かれる。
  こんな生活はもうイヤだ。

  ある意味、国への復讐と言える。

⑦平均寿命まで生きれるとは思っていないので、
  前倒しに自分の時間を確保したい。

  平均寿命(86歳)でなく健康寿命(74歳)で考えると、
  現実はもっとシビアだ。

⑧日本という国がひっくり返った時(いろんな意味で)、
  雇われで働いていたら、身動きがとれない。


  例えば、日本は持ち家信仰が高いけれど、
  最近、「家を買うとローンや土地に縛られるリスクや地震リスク
  があるので一生賃貸!」宣言をする人をチラホラと見かける。
  それと同じで、今は正社員信仰が高いけれど、
  今後は「雇われるという事」「定職に就くという事」がリスクになる時代が
  来るかもしれない。
  ・・・・というか、来たら面白いよな!と思っている。

⑨私生活で楽しい事がイッパイ♪

  インターネットや電子書籍(Kindle)の普及で、楽しい事が増えた。
  TV番組も大容量のDVDで沢山録画が出来る様になり、
  観るのが録画に追い付かず困っている。
  寝る時間も勿体なく、今、睡眠時間が3~4時間位。
  だがもう齢なので、8時間は寝たい。
  1日は24時間しかないので、ドコを削るか・・・・という話。

⑩50歳の自由時間と、65歳の自由時間は価値が違う。

  皆が持っている物より、入手困難で持ってる人が少ない物の方が
  価値が高く満足度も大きい。
  「絶対飽きるって!」とよく言われるが、未練を残して死ぬより、
  「人生飽きた」と言って死ぬ方が良い。
  大体、ホントに飽きたら、また商売始める算段をする。

⑪話のネタになる

  今の所、自分の周りに早期リタイアした人はいない。
  行かず後家。オタク&引きこもり。
  無職(本人は早期リタイアと言い張る)。
  個人投資家(しかもインデックス投資)。
  こんな生き方もあるんだよと、ブログで配信したい(・ω・)/。 
  


にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
ランキングに参加しています

以上、天邪鬼のたわ言でした。



スポンサーサイト

臨機応変に生きるのだ

毎日コマネズミの様に働いているおひとり様に
ダイレクトメールが届きました。

普段よく来るダイレクトメールは
「ベルメゾン」、「フェリシモ」、「クレジットカード会社」に
「転職・求人情報登録」等ですが、

今回は・・・「マンション」。

東京港区の新築物件でした。

買うつもりは更々ありませんが、興味があったので拝見。

するとね、

今住んでるマンションより狭い部屋が、6000万円。
我が家が3軒も買えちゃうお値段。

うひょ~(・ω・)。

東京は物価が高いね。

今後日本は人口が減り物件価格も下がると言われているので、
首都とはいえ、購入に躊躇するのではないでしょうか。


個人的には・・・

今住んでる所は、
日本の人口が減っても生き残る(消滅しない)地方都市の内の
ひとつと踏んで選びました。
一応、終の棲家のつもり。
が、
目論見が外れた時、東京への移住も視野に。

過疎化が進む田舎で生まれ、大人になったら故郷から出ていく事を
前提にして育ったので、

「此処じゃないと生きて行けない」
「此処以外でやっていけるか不安」
「此処が好きだから、どんな事があっても離れない」

というのは全くない。

暮らしやすい場所に住んで、日々生きて、寿命が来たらそれでお終い。

少し前までは、遺骨を田舎にある代々のお墓に・・・・と思っていたけれど、
人口減少で地方自治体が消滅していく将来を考えると、
それは難しい。

この辺りの事も対応しておかなくてはいけないけれど、
時間に猶予があるのと、それにより状況が変化する可能性があるので
急がない。

頭の片隅に置いて、たまに暇な時にシミュレーションする。

人間、にっちもさっちも行かない状態に陥って困る時は大抵、

「そんなこと考えた事もなかった」

が原因だからね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
ランキングに参加しています

人間到る処青山あり。



続きを読む

おひとり様が50歳で仕事を辞めたい理由

50歳で早期リタイアする予定です。


Q.何故に?


A.クイズ!

  答えは以下の内、どれでしょう(゜□゜)!


①責任が重く圧し掛かり、ストレスで寿命を縮めている自覚がある。

  早急に手を打ちたいが、先立つモノがないと更に寿命を縮めるので

  妥協案が50歳。

  

②娘50歳の時、母80歳。

  大なり小なり、介護が必要と考える。仕事と介護の両立をする気はない


③退職金という制度がある内に貰えるモノは貰っておきたい。

  10年後はまだ大丈夫と思うが、20年後は分からない


④中学1年の進路相談の時から今の仕事と二人三脚なので、

  違う人生も歩んでみたい。

  「定年後にしたらいいじゃない」とよく言われるが、その年齢で第二の人生を歩むのは、

   たとえそれが無職であろうとも、体と心が適応できない自信がある


⑤国が定年を60→65歳に延長した。

  尚更、自分は早いトコ(50歳)で退職せねば!

  国の言いなりになって良いことなど何もないのは、歴史からも明白


⑥働いたら働いただけ、税金で持って行かれる。

  こんな生活はもういやだ。
  ある意味、国への復讐と言える

  

⑦平均寿命まで生きれるとは思っていないので、

  前倒しに自分の時間を確保したい。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 人気ブログランキングへ

ランキングに参加中♪押していただけると励みになります。


あくまで、「おひとり様の場合」。

いたちごっこ

先程、観たTVは


「あのニュースで得する人、損する人」という番組。


印象に残ったのは


詐欺のカモリストの中身。


名前、住所、家族構成、資産情報だけでなく

電話した時の対応まで記載されてる。


ま、そうだろうね。

向こうも無駄玉は撃ちたくないハズだ。


・留守

・声が若い、長話が出来る

・褒めないと話さない

・性格悪そうなババア


・名乗るとすぐ切るババア



あっ!私コレ。


名乗るとすぐ切るババア


だって、時間の無駄だし、

長く話すとそれだけで脈ありとカモリストに載りそうじゃん。

うっかり失言しないとも限らないしさ。


詐欺かどうかは分からないけど、

勧誘電話の99%が「税金対策でマンション買いませんか?」


んな金は無い。

税金を極力払わない方法は、働かない事だぜ、貴様。

私はそれを実行に移す為に今、身を粉にして働いてるんだぜ、若造。


・・・と、心の中で呟く。


本末転倒では?という疑問は受け付けないんだぜ、ベイベー。



切った後はNTTの迷惑電話お断りサービスに即登録し、着信拒否。


でも、時々ワンギリがあるので、

繋がる電話かどうか機械的に確認取ってるんだろうね。


ちなみに番組によると、詐欺師がこれからカモりたいのは

「用心深くて今まで詐欺にあった事のない、倹約家の人」だそう。


う~ん。

世知辛い世の中だね。


気を付けなくっちゃ。


ちなみに1度だけ「娘は死にました」って断った事がある。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 人気ブログランキングへ

ランキングに参加中♪押していただけると励みになります。


3年間、勧誘電話が途絶えた。

プロフィール

まめ

Author:まめ
***

こんにちは、
豆野まめと申します。

このブログは

うっかりしてて嫁に行きそびれた四十路が

仕事の弱音を吐いたり、
お給料で狸の皮算用したり、
日々の出来事を書きとめたり…しています。

2018年5月末に仕事を辞めて
早期リタイアする予定。

宜しくお願い致します(・ω・)。

ポイントサイト1

げん玉

ポイントサイト2

Get Money!
 

ポイントサイト3

ちょびリッチ
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

楽天カード

アンケートサイト

マクロミルへ登録

アフィリエイト

自分で購入して使っている物を紹介しています

広告

   

広告

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

いらっしゃいませー

カウントダウン

カテゴリ

最新記事

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。